1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢の営業メールテンプレート集

稼ぐキャバ嬢の営業メールテンプレート集

キャバ嬢として売り上げをアップさせるには指名客を増やす必要があります。

そのため、お客さんには毎日営業メールを送らなければなりません。

どうしても楽をしたくなってしまいますが、そこでコツコツとメールをすることが大切です。

稼ぐキャバ嬢はメールが上手?

42346628_m_R

仕事帰りや週末の夜になると多くのサラリーマンが歓楽街へ繰り出しています。

歓楽街にはさまざまなお店がありますが、中でも人気となっているのはキャバクラでしょう。

歓楽街には必ずキャバクラが軒を連ねているものなのです。

キャバクラへ遊びに行くとキャバクラ嬢がお酒を作ってくれるものですが、そこで行われることとして連絡先の交換があります。

ここでお客さんの方から断ることも可能ですが、少しでも気に入ったキャバ嬢でしたら連絡先を交換しても良いでしょう。

Dollarphotoclub_76103262_R

ここで連絡先を交換すると、キャバ嬢から営業のメールがあります。

多くのキャバクラ嬢は毎日こういった営業を行っていますが、中には「どのような文面を送って良いのか分からない」と考えるキャバクラ嬢もいることでしょう。

この文面によって指名数は大きく変化しますので、非常に重要なものになります。

指名数の多いナンバーワンキャバクラ嬢は、メールにも気を遣っているのです。

AdobeStock_52741995_R

特に注意したいのは、誰に送っても当り障りのない文面です。

確かにお客さんひとりひとりに対して文面を変えることは大変ですが、一斉送信は控えましょう。

こういった文面はお客さんの名前が書かれていないので、お客さんにはすぐにバレてしまうのです。

そのため、ほんの一部分で構いませんので、文面にお客さんの名前を入れるようにしましょう。

一斉送信の文面ですとお客さんがリアクションをしてくれない場合があります。

AdobeStock_70204600_R

どうしても一斉送信をしなければならない場合は、Bccを利用しましょう。

これによってほかのお客さんのアドレスを非表示に出来ます。

そのほかに悪い文面の例として、勝手に完結しているものがあります。

「今日は友だちと○○へ遊びに行ったよ」などの文面は、これだけで完結しています。

ブログやツイッターであればこれで良いのですが、メールやLINEでは相手とキャッチボールをしなければなりません。

AdobeStock_77930902_R

このように完結してしまった文面では、「楽しそうだね」や「良かったね」程度のリアクションしか出来ません。

そのため、返信率は大きく下がってしまうでしょう。

それを避けるため、文面は必ず質問系にして終わらせましょう。

これによって、お客さんも返信しやすくなります。

Dollarphotoclub_56228262_R

また、無意味な長文も要注意です。

パッと見て非常に長い文面になっていると、それだけでウンザリしてしまいます。

よほど文章力に自信があれば別ですが、多くの場合は面倒くさいと捉えられてしまうでしょう。

お店に来て!オーソドックスな営業メール

Dollarphotoclub_107489063_R

キャバクラ嬢にとって上手な営業メールは欠かせないものです。

ナンバーワンのキャバクラ嬢はこういったものが非常に上手く、これによって多くの指名客を獲得しています。

逆に営業メールが悪いと、いくらルックスやスタイルが良くても指名は取れないでしょう。

こちらでは悪い例を紹介しますので、こういった文面に心当たりのあるキャバクラ嬢は自分の文面を見直しましょう。

Dollarphotoclub_97254901_R

最も悪い文面はストレートに「お店に来て」という文面です。

自分のことをよほど気に入ってくれているお客さんであれば良いのですが、大して深い仲でもないお客さんだった場合ウンザリしてしまうでしょう。

「こんなにガツガツしたキャバクラ嬢はイヤだ」と考え、返信ももらえないでしょう。

そのため、どうしてもお店に来て欲しいのであれば、「お店に来て」ではなく「あなたに会いたい」というニュアンスにしましょう。

これによって多少イメージを和らげることが出来ます。

AdobeStock_54349222_R

そのほかに注意したいのは「お店が暇だから来て」というものです。

これもガツガツとしたイメージを与えてしまいます。

嘘でもいいので「お店は忙しいんだけど私は暇」などの言い回しにしてください。

そのほかに、既婚者や彼女のいるお客さんですとLINEは控えた方が良いでしょう。

設定によってはLINEが送られると、画面に文面が表示されることもあります。

さらに、“既読”が表示されますので、「すぐに返信しないとマズイのでは?」というプレッシャーになってしまうのです。

AdobeStock_80609330_R

また、お客さんからの返信が無くなって、そこで諦めてしまう女性も少なくありません。

しかし、そこで諦めてはいけないのです。

一度でもキャバクラへ行ったことのある男性は、その後もどこかしらのキャバクラへ行くもの。

場合によっては二次会や三次会でキャバクラへ行くことも考えられるのです。

したがって、たとえ返信が無かったとしてもメールを送るべきでしょう。

仮にキャバクラへ行くことになったら、連絡をくれているお店を選ぶものです。

もちろん毎日送る必要はありませんが、最低でも週に一度は送るようにしましょう。

AdobeStock_72236837_R

これは、質問メールの返信が無くても続けてください。

続けることが大切です。

さらに、お店に飲みに来てくれたのであれば、その後にお礼のメールをすることが当たり前です。

そこで「お店に来てくれてありがとう」だけで終わらせてはいけません。

その日に会話した内容に少し触れるなど、少し凝った文面にしてください。

送るタイミングは月曜の朝一がマスト

Dollarphotoclub_60733294_R

そのほかに営業メールを送るタイミングも重要です。

キャバクラへ遊びに来るお客さんの多くは一般のサラリーマンですので、土日と祝日が休みでしょう。

そのため、月曜日の朝は必ず憂鬱になるもの。

そのため、このタイミングのメールは非常に効果的なのです。

しかし、ここで注意したいのは文面です。

ガツガツとした内容は絶対にNGですが、そこで「月曜は大変だけど仕事がんばってね」などの文面が非常に効果的です。

AdobeStock_46374494_R

こういった癒し効果のある文面は男性に喜ばれるでしょう。

また、月曜の朝以外に送るべきタイミングは昼ごろでしょう。

サラリーマンの多くは昼に休憩がありますが、そこで「今日の夜はどこかに飲みに行きたいな」などと考えることがあります。

そのタイミングでメールを送られると、非常に効果があるのです。

さらに、相手は仕事中ですのでやり取りが長くなることもありません。

非常におすすめの時間帯です。

AdobeStock_89190713_R

そのほかに写メを添付することも良い方法です。

これによって自分のことを思い出してくれるので、効果があるのです。

お店のイベントデーの様子を写メに撮って送っても良いでしょう。

そして、キャバクラ嬢をやっていると自分の苦手とするお客さんもいるものです。

毎回指名してくれていたとしてもそれはあります。

こういったお客さんですとどうしても積極的になれません。

AdobeStock_16115574_R

こういったお客さんはほかのキャバクラ嬢も同様のことを考えるものです。

そのため、これはライバルがいないのでチャンスと考えましょう。

こういったお客さんを利用することで売り上げをアップさせることが出来ます。

さらに、そういったお客さんに気遣いを見せることで一気にイメージアップが出来るでしょう。

仕事と割り切って、あえて営業メールを送ることをおすすめします。

AdobeStock_45294074_R

キャバクラ嬢を続けていると、「毎週のように指名してくれるお客さんは嬉しいけど、いつ来てくれるか分からないお客さんにはメールしたくない」と考えるものですが、そこで諦めてはいけません。

指名客獲得のチャンスを逃してしまうことになります。

誰もがすぐに効果が発揮されないと嫌になってしまうものですが、コツコツと続けることが大切です。

ナンバーワンキャバクラ嬢は必ずそういった部分に注意をしています。

AdobeStock_43798774_R

現在は連絡のやり取りでLINEが利用されていますが、LINEにはスタンプ機能があります。

これによって長い文章を打たなくてもある程度のコミュニケーションが取れるのです。

こういったものも利用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 同伴出勤の多いキャバ嬢が使っているテクニック

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

  • No.1はやっている!男をハメる「また会いたい」と思わせる小悪魔テク

  • ナンバーワンのキャバ嬢は店外でも活躍している?!

  • キャバ嬢名刺に必須!名刺に写真を入れるのはキホン

  • 苦手なお客さんと会話で盛り上がって場内をゲットする秘術